Venus International Blog

ARTICLE PAGE

富裕層の定義

富裕層ビジネス
  • comment-
  • trackback-
今日は富裕層の定義について書かせて頂きます。


突然ですが、皆さまは「富裕層」と聞くと、どのようなイメージを持たれますか?


この質問をしますと、大抵の方が『大金持ち!』『優雅な生活!』『あこがれ!』等と仰います。


中には、ネガティブな感情をお持ちの方もいらっしゃいますが考えは人それぞれ。

色々な意見があって当然です。




弊社は、富裕層向けビジネスを展開する企業様のコンサルティング・サポートをしており、富裕層について勉強しています。


定義については調査会社により少々異なりますが、野村総合研究所様のレポートでは以下のようにまとめられています。



超富裕層
純金融資産5 億円以上お持ちの方


富裕層
純金融資産1億円~5億円未満の方


準富裕層
純金融資産5千万円以上1 億円未満の方


アッパーマス層
純金融資産3千万円以上5千万円未満の方


マス層
純金融資産3千万円未満の方



日本はアメリカに続き富裕層世帯数第二位に位置し、その数はおよそ122万世帯と言われています。




又、世界的な経済誌Forbesが毎年日本の長者番付を発表していますが、
トップ50は事業で成功を収めた経営者がほぼ占めています。


本日、最新版が発表されましたが、やはり企業オーナーのお名前がずらりと並んでいました。




只、企業家でなければ富裕層になれないという訳ではありません。

私共のお客様の中にも、会社勤めをしながら上手に資産運用され、富裕層になった方もいらっしゃいます。




そして、誰もが華やかな暮らしを送っているわけではなく、目立たず質素に暮らしている富裕層の方々も多くいらっしゃいます。

一見すると、「どこにいるの?」と思いがちですが、案外すれちがっていたり、ボランティアに参加するとお目にかかることもあります。



長くなりましたが、次回は富裕層についてもう少し掘り下げて書かせて頂きます。

最後までお読み頂きあり有難うございます。



ビーナスインターナショナル株式会社


ビーナスインターナショナル株式会社
江田あかねの夢追う社長日記