Venus International Blog

ARTICLE PAGE

出来る限りの努力

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

私は恐ろしい方向音痴。

徒歩1分の場所が見つからず、30分は平気でぐるぐると歩き回っています。ショック!



なのに!

私は、頻繁に道を尋ねられます。



道を聞かれるベテランなので、遠くからでも、「あっ、聞かれるであろう!」と察します。


案の定、迷われている方は、私を見るなり反応。

すがるような目で近寄っていらっしゃいます。


「○○はどこにありますか?」

「・・・」


殆どが期待に応えられない。あせる




しかし、ここで引き下がれないのが、私の性分。


折角、道を歩く人々の中から、私を選んでくれたのだから、出来る限りのことはしなければ!!と使命感を抱き、熱血スイッチがオンに。メラメラ



今度は、私が周りの方をつかまえて「○○はどこにありますか?」と尋ねはじめます。




大抵、私の言動に、周りは一瞬ひるむものの、すぐさま一致団結。



努力の末、解決した時は、自分のことのように嬉しいものです。

「ありがとう」とおっしゃって頂けたら、尚のこと幸せです。ニコニコ




【今は出来なくても、出来る限りのことをしてみる】

【今は出来なくても、出来るまでがんばってみる】


その姿勢や想いは、相手に伝わるものです。ドキドキ




「知りません」、「分かりません」、「出来ません」で終わらせてしまっては、もったいない。



人の役に立つためにも、自分を成長させるためにも、


「出来る限りの努力をしよう!」


という心意気は必要だと思います。



例え結果が出なくても、努力した過程で、必ず何かを得ています。キラキラ




私は、お陰様で、一緒に尋ねた道や建物は覚えました!


しかし、方向音痴は変わらないので、私らしき人間がウロウロしていたら、声掛けて下さい。汗