Venus International Blog

ARTICLE PAGE

たとえ終わりが来るとしても

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

始まれば、終わりが来る。


出会えば、別れが来る。


生まれれば、死ぬ時が来る。




分かっているのに。

当たり前なのに。


永遠を信じてしまう、自分がいます。




今の幸せが、永遠に続きますように・・・



そう願っていても、時の流れは止められない。

変化を遂げていく状況を、受け止めるしかない。




離れたり、

別れたり、

失ったり、


悲しい事が起こる度、



始まりを、

出会いを、

生れた事を、


大切にしなければならないと、強く思います。パー


そう、「今」を大切にしなければ。ドキドキ




私はよく、出会った方に「末永く宜しくお願いします」とお伝えします。


社交辞令ではなく、心から「永遠」を願うのです。


永久に、傍にいられないのは分かっていても、永久を願うのです。キラキラ




良い出来事、チャンス、人との出会い、そして、生れてきた事に深く感謝し、終わりを恐れず、希望をもって日々を大切にしていく。


この気持ちを常に忘れずにいたいいと思っています。音譜




「例え、明日が来なくても、私はりんごの木を植える」



私はこの言葉が大好きです。




例え明日、この世を去るとしても・・・

最後の最後まで希望を抱き、夢を追い、明るい未来を信じていたいです!!




ブログを通じてお知り合いになった皆様、今後とも末永く宜しくお願い致します。ニコニコ