Venus International Blog

ARTICLE PAGE

誰かと分かち合いたくて

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

誰のために、働いている?


誰のために、頑張っている?


誰のために、生きている?




私は、ずっと思ってきました。



人々のために、働こう。


人々のために、頑張ろう。


人々のために、生き抜こう。



そして、自分を幸せにしよう。





【自分のため】だけでは、限界がある。


【人のため】だけでも難しい。




人を、幸せにする喜び。


人を、楽しませる喜び。


人に、「ありがとう」を言われる喜び。


人に、必要とされる喜び。



この喜びを味わいたくて、私は【人】と【自分】のために、今を生きています。ニコニコ





しかし、



ある人は、「きれいごと」と言う。


ある人は、「理想主義」と言う。



「人間は、欲望の固まり」と言って嘆く人も居る。


ビジネスにおいては、「お金が全て」と言う人も居る。




でも、何を言われようとも、聞こうとも、私は変わらないです。パー



批判をされて、考えが変わるのであれば、それは「きれいごと」でしか過ぎない。


偽善者ぶって、理想を掲げているだけかも知れない。





私は確信しています。



自分の欲望・欲求を満たすためだけに生きている人は、永遠に満たされない。


自分だけが幸せになればそれで良いと思う人は、一生本物の幸せをつかめない。





本物の幸せとは【共有】の中にあります。キラキラ



一緒に、喜んでくれる人がいる。


一緒に、悲しんでくれる人がいる。


一緒に、がんばってくれる人がいる。



私が、人のためと自分のために生きる理由は【共有】したいから。

お金では買えない喜びがあるからビックリマーク





一番大切なのは、【心】。


【心】なくして、何事もはじまらない。




物事は全て【人】で繋がっている。


【心】で繋がっている。ドキドキ




私は、ビジネスにも【心】を求めます。


お金で繋がっているだけの関係は、いずれ崩れる。



信頼や絆は、お金では買えない。





応援して下さる皆さんがいて、私がいる。


共に喜んでくれる仲間がいて、私がいる。


愛を教えて下さる方々がいて、私がいる。



だから、頑張れる。幸せを感じられる。アップ




人を、心を、永遠に大切にしていこう。


時代が変わっても。

誰が何と言おうとも。