Venus International Blog

ARTICLE PAGE

愛され続けるコツ

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

ゴールデンウィーク明け。いつも以上に、お忙しい方々も多くいらっしゃると思います。あせる



私も、中々ブログの更新が出来ず、又、コメント下さった皆様へのお返事が遅くなりがちで、本当に申し訳なく思っておりますが、これからもこっそり伺い、御礼とコメントさせて頂きますビックリマーク




さて、先日、70~80代であろうご夫婦が、手をつないで歩いていました。ドキドキ


ゆっくり、ゆっくり。


歩調を合わせて。


たまに声をかけあいながら。


そして、微笑みあいながら。



私は、そのお姿に目を奪われ、しばらくじーっと見つめていました。ラブラブ!




アメリカに居た時は、当たり前だった光景。

でも、日本ではとても新鮮。


「私も、こんなご夫婦になりたい!!」と、強く思い、妄想にふけりました。(笑)





国、文化、環境等により、人々の行動も、考えも、感情表現も異なります。


しかし、【愛】は世界共通。

時代も、国境も越えて、人の心を豊かにする。ラブラブ




では、


人を、どれだけ愛し続ける事が出来るでしょうか?


永遠に変わらぬ愛を、注ぎ続ける事は出来るでしょうか?




私は、人を永遠に変わらず愛し続けたいと思っています。


そして、人に愛され続けたいとも願っています。




だからこそ、愛し、愛される努力を怠ってはならない!!


常に自分を磨き、高め、どんどん新しいことを吸収し、成長していかなければ!!





【マンネリ】とは、自分が作りだすモノだと思っています。


例えば、


「彼とのデートがマンネリ」

「夫婦の会話がマンネリ」

「仕事がマンネリ」



私は、自分で情報をキャッチし、考え、提案することが大好きなので、マンネリを感じる前に、新たな行動をしています。


だから、常に新鮮で、常におもしろい!クラッカー




これは、人も、企業も同じ。


人から、お客様から、愛され続けるには、【己を日々磨き、高め、進化させていく】ことが大切だと思います。アップ





只、一つ気をつけなければならないのは、流行や情報に流されてしまうこと。



内なる【確固たるもの】【揺ぎ無いもの】をしっかりともたなければ、薄っぺらになってしまい、一時愛されても、『愛され続ける』ことが難しくなります。





私も、いくつになっても、旦那様に手をつないで歩いてもらえるよう、心身ともにフレッシュに、好奇心と向上心を絶やさず、年齢を重ねていきたいです!ニコニコ