Venus International Blog

ARTICLE PAGE

スタート地点に立った後

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

4月20日のニュースにて。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

厚生労働省がまとめた平成18年版「働く女性の実情」(女性労働白書)では、起業希望者に対する実際の開業者の割合は女性が26・8%、男性が13・0%で、女性の起業実現率は男性の2倍以上。一方、廃業する割合も多く、男性の11・8%に対し、女性は22・9%だった。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

なるほど。。。


起業を夢見て、それを実現した人は、女性の方が2倍以上多いですねビックリマーク


しかし・・・

廃業する割合も女性の方が2割以上高いとのこと。


女性が起業することに対し、私は大賛成です!!パー


【女子好き】の私としては(変な意味じゃなくて)、プライベートのみならず、ビジネスでも様々な女性と出会いたい!ニコニコ



因みに、先輩の女性起業家さんは、

「昔は、男性と張り合うためにパンツスーツしか着なかったのよ。」

と仰います。


女性起業家が大変珍しかったころ、彼女は一切すきを見せず、肩肘張って生きてきたそう。

しかし今は、女性もキャリアで輝く時代!

女性ならではのアイディア、言動、気配りは評価されます。アップ




エネルギッシュで元気な女性達。

夢を形にしていく女性達。

心から応援したいです。

只、忘れてはならないのが、男性への敬意と社会の厳しさ。


私は、いつもこの2つを心に留めています。ドキドキ



男性が起業を実現しにくい=「勇気がない」わけではありません。

色々なしがらみがあるのも、守るべきものが多いのも、要因だと思います。

社会の厳しさをDANレベルで感じ取っている男性。柔道

私が聞く限り、自己の適正を考えたり、タイミングを計ったりしているうちに、いつの間にか時が流れてしまう方も多いようです。


又、家族を養っている、彼女と結婚したい、親の面倒をみている等、男として守りたい人がいる場合、経済的安定を重視してしまうそうです。

起業は、よく【ハイリスク、ハイリターン】と言われますから、躊躇する方が多いのも、当然だと思います。



しかし!起業は楽しいです!

ゼロから生み出す喜びは格別です!音譜



只、起業は決してゴールではない。あくまでもスタート。旗

限りない道のりを、どこまでも走り続けられるか。

会社を守り続けられるかが勝負です。走る人



ビジネスは一人では出来ません。

沢山の方々を巻き込む以上、責任をもって取り組み、維持しなければなりません。


会社を維持するには、「起業家としてのノウハウ・経営手腕」が必要です。ひらめき電球



ビジネスにおいて、男性、女性、経営者、会社員に関係なく、それぞれがそれぞれのステージで、実力を発揮し、輝けたら最高です!!キラキラ



愛情も、友情も、仕事も、趣味も・・・情熱が注げるもの、続けられるものに巡り合ったら、ずっと離さないでいたいです!!ラブラブ