Venus International Blog

ARTICLE PAGE

いつまでも変わらぬ愛

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

「あかねのブログは、【今日○○しました】みたいな日記とはちょっと違うから書くのが大変じゃない?」


ひっそりとブログを始めてから、1年3ヶ月。


友人達には恥ずかしくて内緒にしているのですが、モグラ

一部の友達に発見され(いや、見つけてくれて)読んで頂いています。




私は、大抵何方かに向けて書いています。

だから、メッセージ色が強いと思います。


しかし、今日、この記事だけは、自分のタメに思い切り書かせて頂きます!



そう。。。

あれは2005年9月、東京ドーム。

アリーナ席から見る彼は眩し過ぎて、私は直視できなかった。<ライトのせいじゃないです!



そして、昨日。

2006年11月25日、東京ドーム。

アリーナ席から見る彼は、小さすぎて見えなかった。<アリーナと言えども後方過ぎ!ガーン



11万席、2分で完売した「L'Arc~en~Ciel」15周年アニバーサリーライブ。

私は、この日のために、一週間ほぼ徹夜でお仕事頑張りました!



当日、仕事のお打ち合わせが長引き、18時開演なのに、東京ドームがある水道橋に到着したのが18時20分。汗


ダッシュして、ドームシティーを突き抜けようとしたのですが、実は、私、勤労感謝の日にまんまと転び(「勤労しているのにぃ!!」と心で叫びました)今は膝が真っ青。ショック!



私が走る度に、痛みもはしり。。。爆弾



ヨタヨタしながらようやく到着したら、いきなり大歓声!!

その後、約22時まで長いライブを楽しみました。ニコちゃん



もちろん、最後はお決まりの涙。

今も変わらず流しています。


深夜からまた仕事が入っていたのですが身が入らない。

今、この記事を書きながら、怖いくらいニヤけています。ラブラブ!




今回のライブは、15周年なのでファンのリクエスト投票により選ばれた曲を演奏してくれました。カラオケ


昔の曲を聴きながら、自分の昔を思い返しました。



あの頃は、何も怖くなかった。


やる気さえあれば、何でも出来ると思っていた。

一生懸命ダンスに励み、プロとして世界で活躍する夢を何の疑いもなしに信じていた。キラキラ



今はどうだろう。


あの頃より、少し守るものが多くなった気がする。

良くも、悪くも。。。




会場には、昭和生まれの私達世代と平成生まれの少年・少女達がいました。男の子女の子


「ラルク・アン・シエルが好き!」という共通点で、世代も、性別も、環境も違う人々が一体になります。


つくづく思いますが、人と人が繋がるのに一番大切なのは「心」。ドキドキ


共に、喜びや楽しさを分かち合う心。


共感したり、感動したり、心と心が繋がると一体感が生まれます。音譜




また、15年間、同じ仲間と【音楽】を創り上げていくのは難しいことなのではないかと思います。アーチストは、個性のぶつかり合いでしょうから。


創業時のメンバーで、会社を15年続けると置き換えると、信頼、結束、団結、そして成功がなければ、やはり難しいと思います。


そう考えると、15年の重みを感じ、心からお祝いしたくなります!!クラッカー




音楽と共に、自分の軌跡を辿った約4時間。

とても感慨深かったです。ラブラブ



15年後、私は、何処で何をしているかしら・・・

きっと、永遠にhydeさんへの思いは消える事はないでしょう。


出会ってから今日まで、ずーっと最高値で愛し続けてきました。アップ

いつまでも変わらぬ愛は、確かにあります!!




今日は思い切り【あかね】から【ばかね】になってみましたが、最後に一言。



好きなもの、好きな事、好きな人・・・夢中になれるって、最高ですね!!