Venus International Blog

ARTICLE PAGE

起業はサバイバル

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

社長として、一人の人間として


もっと、もっと、強くなりたい。

もっと、もっと、優しくなりたい。

もっと、もっと、人の役に立ちたい。


起業する前から、ずっとそう思ってきました。



「何で起業したのですか?」


起業したての頃、多くの方から聞かれました。

私が起業した1999年頃、女性起業家はまだ少なく、珍しかったのかも知れません。


自分の可能性に挑戦することで、強くなりたかった。


強くなることで、人を包み癒せる優しい人になりたかった。


優しい人になって、多くの人の役に立ちたかった。



私が起業した理由は、理想の自分になるための挑戦。



そして、どんな苦しいときも、ボロボロのときも、離れることなく傍にいてくれた家族や友人を安心させるため。恩返しするため。ラブラブ


更に、舞台は変わってもエンターティナーとして、多くの方の笑顔をみたいから。幸せなって頂きたいから。ベル


シンプルに言えば、自分のためと人のため。





しかし、起業して7年も経つと、聞かれる質問が変わります。


「前年度の御社の売上は?」


先のように、私の起業の理由は、メンタル的要素が非常に大きい。


会社経営者として仕事をし続ける理由も、上記の起業した理由と全く変わっていません。


強くなりたい。

優しくなりたい。

役に立ちたい。



しかし、会社は数字で判断されます。


私は、売上をあげなければならない。

売上を考えて、利益を出して、会社を継続させなければならない。アップ



私がどんなに理想の自分に近づいてきた感触があっても、「前年度の売上」で会社の評価が下される。


自己との戦いではなく、会社同士の戦いをしなければならないのか。。。たまに混乱します。


でも、やはり結果は自分の中にあると思います。




会社経営は、正直シビアで厳しいです。


自分が一生懸命全力尽くしてやり遂げたのなら、その先には一回り【成長】した自分が待っている。


しかし、どんなに一生懸命全力をつくしてやり遂げても、売上が伸びる、数字が【成長】するとは限らない。からまわりする事もある。



自己満足で終わってはいけないんだ。


でも、大きく儲けるために起業したのではない。


自分を高めるために起業した。


しかし、継続するには儲けなければ。


こんな葛藤の繰り返しです。





起業ブームが一段落したとは言え、新会社は日々設立されています。


起業の理由は、人それぞれ。


お金持ちになりたい!カッコよい車が乗りたい!異性にモテたい!グッド!


色々な方がいらっしゃいます。



しかし、起業はあくまでも「スタート」であり、大事なのは「継続」です。


継続するために必死で働くのです。メラメラ




起業家は、会社に守られているのではなく、会社を守る人。



会社にお勤めしていれば、仕事をした分、お金が入る。


しかし、起業家は、仕事をしなければ一銭たりともお金は入らない。始めは寝ている暇なんてありません。


モチベーションの維持。


強い信念とブレない軸。


何があっても、諦めない、逃げない信念。


会社を継続するには、上記の心構えが必要です。




起業はサバイバル。


勇気をもって飛び込めるのなら、思い切り飛び込みましょうビックリマーク


只、生半可な気持ちでは怪我をします。


基礎知識をつけ、準備をし、力を蓄えてから、チャンスの波にのる。波



充実した起業家人生を送るために、私も日々精進しながら全力でがんばります!!