Venus International Blog

ARTICLE PAGE

最後まで夢を

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

「あかねは、生き急いでいる。」


こう言われたことがあります。


生き急ぐ。


限りある命を、急いで終えようとするかのように生きること。


うーん。確かに日頃の私を見ている方の目には、そう映るかもしれません。




気取った言い方をすれば、私にとってのライバルは【自分】。


毎日、昨日の自分との競争です。



同じスタート地点から、同じゴールを目指して走る徒競争には興味がありません。


スタートラインには自分だけ。


そして、自分だけのゴールに向かって、日々自己新記録を更新していきたいと思っています。走る人



只、他のランナーと競争していないから、アベレージがつかめない。


自分が人より遅いのか早いのか。。。


もしかすると、とんでもない速さで突っ走っているのかもしれませんね。あせる




「10年後の自分を描き、その姿が現実となるよう毎日を生きていく」


10年後の自分はこうでありたい!こんな事をしたい!と願いながら、私は日々夢を追っています。ニコニコ



その10年後は、現時点から作られています。


今、この一瞬一瞬を全力尽くして生きれば、10年後の夢が5年後に実現するかもしれない!虹


そう思うと、ついつい猛ダッシュしてしまいます。(笑)





また、以前にも少し書きましたが、私は何度か死に直面しています。


その度に頭をよぎったことは一緒でした。


「もっと、生きていたかった。」

「もっと、親孝行したかった。」

「もっと、色々しておけば良かった。」



こういう経験をしていると、どうしても生き急いでしまうのかもしれません。




【自分は明日死ぬかもしれない】


こんな話は、非現実的としか聞こえない方もいらっしゃると思います。


でも現に、私は全く予期せぬ状況で、朝は普通に過ごし、夕方には死と直面しました。



この経験から心に刻んでいることがあります。


生きていることに感謝する。ラブラブ

周りの方々全てに感謝する。音譜

出来る限り「したいこと」をしておく。クラッカー



そして、


明日、この世から消えてしまおうとも、夢だけは消さない。

最期まで生き抜くこと。希望を捨てないこと。



10年後を夢見ながら、私は今を全力で駆け抜けています!!