Venus International Blog

ARTICLE PAGE

平和を守るために

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

「愛があれが平和だ」と誰かが口にしていた

うなずく人も入れば 疑う人もいる


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆


アンジェラ・アキさんが歌う「this Love」。


この歌詞からこの歌は始まりますが、私は始めて聴いたとき、ここで考え込んでしまいました。



愛があれば平和。ラブラブ


皆さんは、うなずきますか?疑いますか?



愛と平和。


切っても切れない関係ですね。



しかし、私は「愛があれば絶対に平和だ」とは言い切れないと思います。


愛は時に、破滅を招くこともある。

愛する人を守るため、別の人を傷つけることもある。




愛には様々な形があり、ここでは大きく【隣人愛】と【自己愛】に分けてみます。


隣人愛とは、身近な人々や隣人への愛情です。
自己愛とは、自分に対する愛情です。


他人を愛する事も、自分を愛する事もどちらも大切!



只、自分を愛しすぎると、やがてエゴイズムが生まれます。


自分が可愛くて、自分が大切で、自分が犠牲になる事はしたくない。


自分の利益を求め、他人の利益は考えられなくなってしまう。


過去に、【国を守るため】という名目の元【自己愛】が潜んでいるように伺える戦争もありました。




愛と一言で言っても非常に奥が深く、先程の歌詞を用いれば、


「隣人愛があれば平和だ」と誰かが口にしていたのなら、私はうなずくでしょう。パー


「では、隣人愛があれば、争いは絶対に起こらないのか?」と言われると、是もまたYESとはいえません。



愛する人を守るため、争わなければならない時もある。


しかし、争う相手に対しても、【愛情】をもって接する事が出来れば、それは和解に繋がる、意味のある事だとも思います。




世界平和をもたらすには、愛だけではなく、


相手の立場に立って考える思いやり。


自分の心の強さから湧き出る優しさ。


人やモノ、生きている事自体に感謝する気持ち。


が必要だと思います。




戦争を指揮する方に、私は伝えたい。


あなたは、戦争で愛する人を失う辛さを想像したことがありますか?



911。

犠牲者の方へ、心から黙祷を捧げます。