Venus International Blog

ARTICLE PAGE

大人への階段

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

大人になるとは、どういう意味だろう?

大人といっても、年齢的な【大人】と精神的な【大人】は違うと思います。



年齢的には【大人】でも、精神的には【子供】であったり。

年齢的には【子供】でも、精神的には【大人】であったり。

又、年齢も精神も【大人】だったり、【子供】だったり。女の子男の子



日本では、成人式を行う20歳が年齢的な【大人】を意味しているようですが、精神的な年齢は人それぞれですよね。



では、精神的に大人になるとは、どういう事かしら。。。


社会性や協調性を身に付けること?

理路整然と考えられること?

現実的に物事を捉えられること?

周りに気配りできること?

その場の空気を読めること?


皆さんは、どう思われますか?



精神的に大人になる事は、社会生活を送る上でとても大切です。


でも、私は、子供のままでいたい!って思うときも正直あります。


大人になるにつれ、忘れ去ってしまうモノ。

大人になるにつれ、捨ててしまうモノ。


そんな【モノ】を持っていた子供の頃に戻りたいと。



例えば、本能から湧き出る感情。メラメラ


子供の表情は豊かです。

笑ったかと思えば、突然泣いたり、怒ったり。そしてまたニコニコしたり。

心が顔にそのままあらわれています。ニコニコ



でも、大人になるとそうはいかない。


特にビジネスでは


悲しくても、辛くても、涙をこらえなければならない。

怒りを感じても、冷静沈着にいなければならない。

たまには、作り笑いもしなければならない。


経営者は特に、自分の感情を押し殺さねばならないシーンが多いです。




私は、自分の湧き出る感情こそ、大切にし続けたいと思っています。


しかし、現実的にはそうも言っていられない。

感情をコントロールできるのも大人の証拠だと思います。

でも、コントロールしすぎて、押さえつけてしまうのは苦しい。


特に、恋愛において湧き出る感情を抑えるのは難しい!


本当はとても好きなのに、「好き」といえない。

会いたいのに、「会いたい」といえない。


相手の事を考えると、言葉を飲み込んでしまう。


子供の頃なら素直に言えたのに・・・と思う事もあります。


良くも悪くも、大人になるとは、自分を理性でコントロール出来ることなのかな。



大人になる道のりで忘れてしまうモノ。


よく聞くのは【夢】です。虹


私はもちろんブログタイトル通り、今も沢山の夢をもって歩んでいます。


この夢を追う気持ちは最期を迎えるまで持ち続けたいと思っています。



でも【夢】と【現実】との狭間で、自ら捨てざるおえなかった大人の方もいると思います。私もそうでした。



子供の頃の素直な心。

ワクワク・ドキドキする好奇心。音譜

屈託のない笑顔。

限りない夢。流れ星


これらは私が、いつくになっても持ち続けていたいモノ。



そして、大人になるにつれ身につけたいモノ。


相手を配慮する気遣い。

人を大切に思う心。ドキドキ

聡明さ。知的さ。強さ。優しさ。



大人の良い部分と子供の良い部分を兼ねそろえた魅力的な人間になりたいです!