Venus International Blog

ARTICLE PAGE

諦めることは負けること?

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

好きなのに、大好きなのに、振り向いてくれない。

こんなにも思っているのに、友達以上になれない。


諦めたくない。でも諦めるべき?

ずっとこの気持ちを持ち続けていれば、相手に届くのかな・・・しょぼん



先日、ある男性が恋愛の相談をしてくれました。


彼には片思い中の女性がいます。

何年越しでひたすら思い続け、告白もしましたが答えは曖昧。

「諦めたくない。でも、嫌われたくない。」



諦めたくない!かぁ・・・



よく成功者の方は仰います。


「諦めるな!」

「諦めた時点で挫折になる!」

「諦めずにやり通せ!」


夢や目標を達成する道のりで、壁にぶち当たったとき、思わず「諦めようかな、やめようかな。」との考えがよぎる。しかし、諦めたら、到底目的地へは辿り着けない。


だからこそ、その先のゴールを夢見て、諦めずに進んでいく。走る人


これが、成功の法則。




しかし、私は「諦める」という行為を、ネガティブには捉えてはいません。


【諦めること】が【負けること】に直結するとも思ってはいません。



岡村靖幸さんの「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」という曲で


「苦しくて、悲しくて、辛い事ばかりならば、諦めて構わない。大事な事はそんなんじゃなーい!」


という歌詞があるんですね。


毎日死にたいくらい辛くて、ボロボロになっていたときに、これを聞いてふと元気が出たのを覚えています。



一生懸命努力して、頑張って、最善を尽くしても、上手く行かないのなら、「諦める」という方向転換も選択肢の一つだと思います。


「その方向に進むより、こちらの方があなたに相応しい。」とのお告かもしれない!



只、諦める【タイミング】は難しいですね。


誰だって、夢や目標を叶えるために行動し、努力し、願い続けてきたのだから諦めるのは苦渋の決断。

苦渋でないならば、「その程度の情熱しかなかった」ということ。


自分の力を出し切って、最高レベルの努力を重ねた。でも先が望めない。結果が出ない。汗


だとしたら、客観的に自分を見つめ


「何故、それを成し遂げたいのか」

「別の形でも、その願望は達成できないのか」

「限りある時間の中で、続ける事が自分にとって幸せなのか」


など、小休止しながら自分自身と向き合ってみる。



そうすると、今まで何故、一本道をひたすら走ってきたかが分かります。

そして、諦めるべきか、進むべきか、冷静な判断が出来ます。


もし、諦める事を選択した場合、


『諦めること』を自分がどう捉えるか。


私は、これが全てだと思います。



人の視線で物事を考えるのではなく、自分自身にとってどうなのか。


「全てやり遂げた、諦めても後悔しない!」と思えるのなら、例え他人に「負け」とジャッジされようとも、気にする事はありません。確実に自分は成長し、成果を得ています。




恋愛に関しては、一人では出来ないので、相手の感情も汲まなくてはなりません。どんなに諦めたくなくても、結果が出なくて悔しくても、自己満足を追求したり、独りよがりになってはなりません。


相手がいる場合に「諦めるか否か」を決断する場合は、自分を客観視すると共に「相手の立場に立って物事を考える」ことが重要です。



というわけで、結局私は彼に


「一旦立ち止まってみて、自分もお相手も幸せになれる道を見つけ出そう!」アップ


と言いました。



諦めることが負ける事とは限らない。

只、初めから「諦めても構わない」という姿勢では、何事も上手く行かない。



自分で決めた道ならば、ベストを尽くす。

諦める時がきても後悔しないように。


これが、一番大事だと思います。ニコニコ