Venus International Blog

ARTICLE PAGE

最後に残るもの

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

突然、大切なものを失ったら・・・

ふと、考えるときがあります。


当たり前にあるもの、存在しているものが突然無くなった時の自分の【在り方】を。



私は、日によって異なりますが、かなり長い時間お仕事しています。

「仕事」で始まり「仕事」で終わる。これをほぼ365日続けています。


もちろん、たまにはプライベートで旅行に行きたいな~って思うときもあります!

でも、自分で決めた道なので「仕事ばかりで苦痛」と感じた事はありません。ニコニコ



仕事は、私にとって生き甲斐であり、人に幸せをお渡し出来るツールであり、自分の存在価値を見出せる場でもあります。




しかし、突然仕事が無くなる覚悟、社長ではなくなる覚悟も出来ています。


それは、私が歩んできた道のりから学んだ事。


人生、何が起こるか分からない。

当然のごとくあったものを失う可能性は誰もが持っている。



だからこそ、私はお仕事がなくなっても、社長ではなくなっても、後悔しないよう、日々全力掛けて臨んでいます。



同時に、大事なものを失わないよう、気をつけています。


大事なもの。


それは、人と自分です。ラブラブ



仕事が忙しくなり過ぎると、家族との対話や思いやりが欠けたり、友人と会う回数が減ったり、疎遠になってしまったり、周りの方に気を配れなくなるという話をよく聞きます。私も不本意ながら、思い通りにいかないときがあります。



しかし・・・


仕事も、地位も、お金も、夢も全部失なったとき、最後に残るものは何か?


最終的には、自分を支えてくれる【人】と、ありのままの【自分】が残ります。


逆に言えば、最後に残るものが、最初のベースとなる【大切なもの】です。宝石赤


どんな時にも、大切なものを忘れないでいたいです。



最近は徹夜も多く、このブログも更新が遅れがちですが、続けていられるのも、読んで下さる方、コメント下さる方が支えてくれるお陰です。音譜



何事も、ベースとなるのは、人と自分。


働く意欲も、行動も、ここから生まれますね!