Venus International Blog

ARTICLE PAGE

過程と結果

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

結果?それとも過程?


夢や目標に向かい、全力で邁進する。


しかし、2006年サッカーワールドカップの日本チームのように、一生懸命努力して、頑張っても、願いが叶わない時があります。しょぼん


その時、何を考えるか。


これが、次に進むための重要なキーポイントです。ビックリマーク



結果だけを見たら達成しなかった。思い通りに行かなかった。私もこう思う時があります。


でも、その過程で、全身全霊込めて頑張った自分には、最高の勲章をあげたい!王冠1



しかし、結果が全てと考える方もいます。

その過程では、手を抜こうが、偶然だろうが、結果が良ければそれで良い。


特に、会社経営は数字で評価されます。


毎日死に物狂いで働いても、全力尽くしても、結果(数字)により信頼を得たり、失ったり、ランク付けされます。シビアではありますが、当然と言えば当然ですね。



どちらの考え方が正しい、正しくないという話ではなく、価値観の違いだと思います。何を、どこを大事にするか。。。



因みに、私は、経営者としての【欲】がないと言われます。


「もっとお金に執着しろ!」「利益を生め!」「儲けてなんぼ!」と。


会社を継続するのには、もちろんお金は必要。

頭では分かっているけれど、でも心が上手に動かせない。むっ


お金だけが大切?


数字だけで判断?


成績だけで評価?


ちょっとした反抗心を抱いてしまう未熟な私です。(笑)




私は、人を外見だけでは判断出来ないように、物事を結果だけ、数字だけ、成績だけでは判断出来ないと思っています。


そこに至るまでの途中で、


頑張ったこと、努力したこと、前進したこと。


泣いたこと、へこんだこと、立ち直ったこと。


そういう全ての思い、行動が一番大切だと思っています。




結果に繋がらなくても、【過程】はいつか別の機会に活かせるはずです!


サッカーの日本代表の方々も、「昨日の自分」より必ず成長しているはず。


帰国した際は、暖かく迎えたいですね♪ニコニコ