Venus International Blog

ARTICLE PAGE

悩みの受け皿

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

前回の記事に対し、暖かいコメントを下さった皆様。

心から感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございます!ニコニコ



私は、極端な強さと、極端な弱さを兼ねそろえた人間です。


不器用だけれど、自分なりに精一杯生きています。



何故、私が自分の過去を書いたのか。

それは、一つの決断がありました。


「私は、悩んでいる方のお力になりたい。それには、まず弱い自分も全てさらけ出そう。【社長】ではなく等身大の【自分】を見せよう。そして、悩みの受け皿となろう。」



過去の自分は、悩んでいたとき誰にも相談しませんでした。


誰にも打ち明けず、ひたすら自分だけで背負いました。


周りには、大切な家族や友達がいてくれたのに、「心配かけまい。」という気持ちが強かった。




どこまでも自分だけで背負おうとし自滅しました。


誰かに相談していたら、誰かに助けを求めていたら・・・ここまでには至らなかったと思います。


だからこそ、私は悩みを抱えている方のお役にたちたいと切に願います。


悩みを打ち明ける、相談する事が出来ない人もいますよね。


でも、自分が考えている以上に、家族や友達や周りの方は心配してくれているものです。愛情って、案外相手に伝わりにくいから。ラブラブ



とにかく、抱え込まないで欲しい。苦しい時は、SOSを発信して欲しい。


私もSOSをキャッチできる人間になりたいです。



今夜も、相談メールや電話を頂きながら強く思います。


これが、私の生きている【意味】であり【使命】なんだと。キラキラ