Venus International Blog

ARTICLE PAGE

ポジティブワード

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

先日のNHK様TV出演の件では、皆様のご期待に沿いかねて申し訳ない限りです。今日も番組制作ご担当の方から、お詫びや次回のお話を頂きました。


よーし!今度こそアガらないように、歯の治療も完璧にして挑みます!(笑)



ところで、私は前回の記事でも書きました通り、【辛いとことを辛いと思わない習慣】を身につけるよう心掛けています。


辛い事、悲しい事、苦しい事。

生きていれば当然遭遇します。


でも、よほどの事がない限り、私は口に出しません。


辛くても「辛い」と言わず、悲しくても「悲しい」と言わず、苦しくても「苦しい」と言わず。



心では思います。素直に感じます。

しかし、思いを言葉にしてしまうと、より辛く、悲しく、苦しくなる場合もあります。しょぼん



言葉とは、まさに言霊です。


言葉には計り知れない力があります。


思いや願いを言葉に乗せ、繰り返し発していると、自然と現実化していくものです。


だから、言葉を上手に使う習慣はとても大切!星



私は、ポジティブワードが大好きなので、辛い時こそ正反対の事を言ってみます!


「私は元気!私ならやれる!私には力がある!」って。


悲しいときも


「よい勉強!ラッキー!また成長出来た!」なんて。


こういう強がりも、習慣になるとちょっとやそっとでは落ち込まなくなります。音譜




悲しいとき、誰かに「悲しい」と言った瞬間、涙があふれてしまったり。


「辛い」「苦しい」と言った瞬間に、「もうダメだー!」なんてネガティブになったり。


言葉は感情をもコントロールします。



もちろん、自分の心のもやもやを吐き出してしまうことも大切。


只、いつまでもダメだ、無理だ、苦しいとネガティブな言葉ばかり発していると、その時点で止まったまま、先には進めません。



いつも前向きな言葉を発する習慣。


泣き笑いしながら、思い切ってポジティブワード!!晴れ