Venus International Blog

ARTICLE PAGE

永遠を信じて

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

昨日は友人に「ちょっと恋話聞いて!」と言われ、仕事の合間に会いました。



「気持ちが変わらないって、有り得るのかな?夫婦になっても、ずっと変わらないで愛し続けるなんて想像つかない。」



変わらない気持ち。


愛し続ける気持ち。


永遠に続く気持ち。



私は、もちろん「ある!」と思っています。




私は「熱し難く、冷め難い」タイプ。


人に限らず、何かに夢中になると「止めろ!」と言われても、納得するまで止めない。



「じゃ、あかねの気持ちが冷める時って?」


それは【人に迷惑を掛けた時】です。



私は、前回の記事で「人を楽しませること、人の笑顔を見ることが好き」と書きましたが、逆に「人を悲しませること、人を傷つけること」は嫌いです。この行為をしてしまうと、自己嫌悪から立ち直るのに相当時間が掛かります。



「何で、一人の人をそんなに愛せるの?」

「何で、夢中になれるものとか、夢があるの?」


それは【迷いがない】からです。



一人の人、一つの方向を決めたら、まっすぐに進みます。


自分で決めた道だから、例え苦難があろうとも突き進みます。虹




「どうせ、別れるだろう」

「どうせ、飽きるだろう」

「どうせ、ダメになるだろう」


こんな気持ちで人やモノに接すると、良くも悪くも【思い】は現実化するので、その方向に自ら向かってしまうこともあります。



気持ちを継続させるには、


その先にある【永遠】や【未来】を信じることが大切だと思います。


例え、途切れる日が来たとしても、信じられたことを【誇り】にしたい。



傷つくこと、苦しむこと、悲しむことを恐れず、まっすぐ見つめて突き進む。走る人



その先にある永遠を信じて・・・