Venus International Blog

ARTICLE PAGE

友達がくれたもの

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

「うわーっ!」

今朝、鏡の前で思わず叫ぶ!!ショック!

「目が、目がはれすぎー!!」

友人の訃報を聞いた22日から泣き続けていたので無理もない。



今日、ブログは書けないと思っていました。


文字にすると、余計辛くなるから。。。


しかし、昨日の記事を読んで下さった皆様から、ご丁寧にもお悔やみのお言葉や、言葉にし尽くせないほどの有難いお言葉を頂き、心から感謝の意を込めて、今、パソコンに向かっています。




はかない。


今日の葬儀で、人間のはかなさを痛切に感じました。


いつかは、誰もが土に帰っていく。

思い出だけこの世に残して、去って行く。

どんな大富豪でも、著名人でも【死】は平等に訪れる。



だからこそ、命は尊い。


土に帰るその日まで、日々生きていることに感謝しながら夢に向かって進み、人に優しく、笑顔を絶やさず、ポジティブに、全力で進もうと、改めて思いました。


友人が残してくれた、貴重なメッセージです。



彼女が逝ってしまった時、私はこのブログを書いていました。


「生きる意味」 について書いていました。



必ず、一人ひとりに生きる意味があり、使命があり、生命を授かっている以上、生きる義務があるのです。


と書き終えた頃です。



書いている時、ずっと彼女の事を思っていました。不思議ですね。


きっとその時、友達は私の元にやってきて、「あかね!書いていること忘れるんじゃないよ!」なんて、言いたかったのだろうと思います。天使




日本人の平均寿命の半分も生きていなかったけれど、色々な経験をし、試練に耐え、多くの愛を受けた子でした。


「夢が持てるだけで幸せだよ。私はもう夢が持てないから・・・」


この言葉、一生忘れない。


一緒に旅行した事も。


カフェでおしゃべりした事も。


手を握り合って泣いた事も。



最後に、私のブログを読んで下さる、大切な大切な皆様。

暖かいコメントを頂き、誠にありがとうございました。



明日から、又元気なブログに戻ります!