Venus International Blog

ARTICLE PAGE

生きる意味

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

人間には、必ず取柄がある。


この世に生まれてきた意味がある。


一人ひとりに使命がある。


だから、生きる義務がある



皆さんは、自分が何故生まれてきたのか、考える事ありますか?


私は、いつも考えています。


でも、起業前は【自分が生きている意味】が分からず、夢も希望も見失っていました。



私は幼い頃から、プロダンサーになるためにこの世に生まれてきたのだとずっと信じて来たのに、その夢は破れ、同時に、生まれてきた意味、自分の取柄、使命感も見失いました。


そして、生きる義務をも忘れたのです。


「プロダンサーの道が閉ざされた今、私はここで消えちゃっても・・・いいかな・・・」って。




この時期、私は自分の長年の夢も、大切な人も失っています。


残ったのは命だけ。他に失うものは何もないと思いました。苦痛と葛藤の日々でした。



ダンスレッスンで酷使し過ぎた体を癒すため、暫く入院生活を送っていた頃、「生きるってどういう事だろう?何故生きているんだろう?」と考え続けていました。


何故私は今、存在しているのかと。




救急車で運ばれた時点で、私は生命の危機に達していました。


あと、数時間遅かったら、現在の私はこの世にいません。



人は、死の直前で、人生の軌跡を追います。


私は瀬戸際で、「死にたくない」と強く思いました。


生まれて初めての強い思いでした。



念じたら、なぜか病院のベッドの上にいました。


生きていた。


そこからです。「何故、生きているんだろう。」と模索し始めたのは。。。




私は今、この世に必要な人間だから、生きていると思っています。


そう。地球に住んでいる人々はみな、必要だから生きているのです。



必ず、一人ひとりに取柄があり、生きる意味があり、使命があり、生命を授かっている以上、生き続ける義務があるのです。



それをずっと忘れないでいたい。何があっても。