Venus International Blog

ARTICLE PAGE

夢を追う途中で

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

自分にとっての幸せって何だろう。


たまにふと立ち止まり、考える事があります。


自分一人では立ち止まらない。

後ろも振り返らない。前進あるのみ。


でも、周りの方や環境にストップをかけられる時があります。



例えば、友達の言葉。


「あかねは、このまま仕事ばかりしているの?女の幸せもあるよ。」

いつも寝ないで働いてぶっ倒れたらどうするんだ!みんな心配しているんだから、いい加減安心させてくれ。」


つい先日も、こう言われました。



実のところ、「社長」とか「経営者」などと呼ばれる立場になるとは自分でも予想外。


自分の生き甲斐が欲しくて、人に楽しんでもらいたい思う夢を形にしたくて、まずは憧れの国アメリカに会社を作りましたが、経営学なんて勉強していない!!


無我夢中で経営の勉強をし、今は自分の会社を持ち、試行錯誤しながら経営しています。




普段は、自分が経営者に向いているかいないか、今のままが幸せかどうかなんて、立ち止まって考える時間もなく全力で走っています。


しかし、上記のようにふと立ち止まる時があります。



更に、立ち止まるばかりではなく、後ろを振り返った時が一度だけあります。


ストップを掛けたのは親です。


「どうしていばらの道ばかり進むの。」


母は泣きました。母の涙を見て私も泣きました。



私は、過去にも親を泣かせたことがあります。


私が後ろを振り返るのは、大切な人の涙を見たとき。


「人に笑顔を届けたい!人に幸せになって頂きたい!」との強い思いで立ち上げた事業。


なのに、一番近くにいて大切にしたい親を泣かせる自分。


矛盾を感じました。



夢を成し遂げるには、犠牲にするものが必ずあります。


夢に向かって進む時、周りの人を辛くさせる時もあります。



それでも、夢を追い続ける。


夢を叶える事、成功する事で安心させたい。


「今まで応援してくれてありがとう!心配掛けてごめんね。もう大丈夫!」


こう言える日まで、私は走り続けます。