Venus International Blog

ARTICLE PAGE

サザエさん症候群

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

「日曜日の夜になると胃が痛くなって、気分が落ちて憂鬱になるんですよ。」


某大手企業にお勤め方が、私にこんな話をしてくれました。


皆さんは、上記の感覚お分かりになりますか?


日曜日の夕方から気分が落ち込むことを「サザエさん症候群」と呼ぶそうです。


サザエさんが始まる時間帯から徐々にテンションが下がっていく。



良くも悪くも私は年中働いているので、曜日の感覚もなく日曜日であっても特別な感情を抱くことはないのですが、色々な方のお話を伺うと案外【サザエさん症候群】の方が多い。



お仕事が楽しくない理由は、人それぞれだと思います。


自分のやりたいお仕事ではない。

職場環境が合わない。

業務がマンネリ化している。

報酬・給与が低い。

などなど。。。


お仕事は一日の大半の時間を費やすのに、「つまらない。楽しくない。イヤだ。辛い。」と思うのは、何だかもったいない気もします。


今は二度と戻らないから。



では、どうすればつまらないお仕事が楽しくなるのでしょうか。


まずは、何故、お仕事がつまらないか、具体的な要因を考え、それにあった改善策をとらなければなりません。


仕事に対するモチベーションや自分の心のあり方をもう一度見つめなおし、初心と比較してみるのも良いと思います。



因みに、私は、常に「充実した楽しい毎日を過ごそう!」と思っています。


かといって、経営は楽しい事ばかりではありません。


でも、「つまらない。楽しくない。イヤだ。辛い。」と考えた事はありません。



なぜなら、仕事にかける情熱と、強い思いがあるから。


そして、自分で選択した道(仕事)だから。




サザエさん症候群になっていらっしゃる方は、まず、自分の【気持ち】から変えていけたら良いですね!


職場の環境や報酬は、自分だけの力では中々変え難いですが、自分の気持ちは自身の心がけで変えることが出来ます。



「自分は何故、この仕事に就いたのだろう?」と初心の頃を思い返してみる。


そして、仕事に対する熱意やモチベーションをもう一度追及したり、積極的に新しい事にチャレンジしたり、自分なりの【おもしろさ】【楽しみ】を見つける努力をする。



不満をもらしてばかりでは、何も変わりません。


不満は、新たな不満を呼ぶものですし、マイナスの言葉を発し続けると、マイナスの方向へどんどん進みます。




どうしても、気持ちが上がらないようでしたら、転職も一つの策だと思います。


只、どんなお仕事も楽しい事ばかりではない!

楽しくないからといって、転々と職を変えてばかりでは中途半端になってしまいます。



辛いことがあっても乗り越えられる【情熱】がもてるお仕事。


こういうお仕事探し、自分探しは大切ですね。ニコニコ