Venus International Blog

ARTICLE PAGE

人を幸せにする

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

「私は別にいいから、大丈夫だから」

「私よりも○○さん(ちゃん)」


友達から指摘される私の口癖。(笑)


自分が譲る事で、周りの人が幸せになるならいくらでも譲りたい。

周りの人が幸せでいてくれること。

それが、私にとって何よりの幸福だから。


でも、こう考える事もあります。


「このままで良いのかな~?自分はどうしたいのかな?」

「相手に対して、本当にタメになっているのかな?」

「私だけの自己満足に終わっていないかな?」と。



私は記憶がないのですが、小さい頃、大好きなエビフライを自分は殆ど食べず、「おいちい(美味しい)」と言いながら、親のお皿に食べろ食べろと、ガンガンエビフライを乗せたそうです。(笑)


その際、親は「この子は社会に出ると苦労する」と思い、自分を優先する事、主張する事を教えなければならないと考えました。


しかし、親の意思とは反対に、私はどんどん「自分は二の次」になっていきました。(笑)



人の笑顔が見たい。

人に幸せになってもらいたい。


それが自分の喜びに繋がります。


でも、友人達から「あかねはいつも自分をおざなりにしてそれで良いの?」とか、「自分の幸せを一番に考えろ。」と言われる事も多く、ときには「自分を一番」に考える事も大切なのかなと思い始めました。



相手の事を考えると、自分を抑えてしまう時がある。

相手の事を考えると、言いたい事を言わない時がある。


「優しさ」と捉えて下さる方もいれば、「自分を大切にしていない」と言われる事もあります。



人を幸せにするには、何が必要なのでしょう。

どうすれば、人を幸せに出来るのでしょう。



未だに考え続けていますが、確かなことは、まず自分を大切にすることが基本なのでしょうね。


自分を愛し、人を愛し、そして愛されることで、幸せは生まれるのだと思います。