Venus International Blog

ARTICLE PAGE

忘れられない夢

スタッフ記
  • comment-
  • trackback-

「もう諦めてください。これ以上は無理です。」


この言葉。

今でも鮮明に胸にやきついています。


度々書いていますが、私は7歳の頃からNYブロードウェイの舞台に立つプロダンサーになる夢を抱いていました。


その夢だけを追いかけていましたが、ダンスレッスン中に意識を失い気がつけば病院のベッドの上。闘病生活を強いられる事となりました。



「もう諦めてください。」


諦める?諦められるわけないじゃない。

夢が叶う前に諦めるなんて出来ないよ。。。


ドクターの仰る事を理解するまでに、長い月日が掛かりました。



急ぎすぎた。焦りすぎた。走りすぎた。


今思えば、自分で自分を痛めつけた生活でした。



「休む事は負ける事」と思っていたあの頃。


毎日ハードなダンストレーニングを行い、NYで暮らすお金を早く貯めるために(学業は疎かに)アルバイトを幾つかこなしていました。


睡眠時間2時間、休みなしの日々。


結局体を壊し、夢は夢で終わってしまいました。



今は、新たな道を歩んでいますが、出来る事ならもう一度チャレンジしたい。


ダンサーの夢が忘れられない。



「夢を叶えよう!」といった本やセミナーは色々とありますが、夢が破れたときの立ち直り方や対処法ってあまり見かけませんね。



夢破れた私が、もう一度夢を見られるようになったのは、紛れもなく周りの方から頂いた【愛情】のおかけです。


友達が励ましてくれた、家族が支えてくれた、病院の先生方が助けてくれた。


更に、自分の【向上心】が自分を救いました。


挫折したままの人生で良いの?

ダラダラしていて良いの?

世間に背を向けているばかりで幸せなの?


闇から脱したい。もう一度やる気をおこしたい。輝きたい。社会貢献したい。


こうして私は人から頂いたものと、自分が見出したものを合わせて再度、光に向かって歩き出すようになりました。



夢や希望は「その夢を叶えるに相応しい自分になった時」に必ず叶うと今は思っています。


でも、時期を外してしまい、夢が叶わなかった時、始めて気づく事も沢山あります。


逆境を乗り越えて成長する【強さ】を身につけたいです!