Archive2014年02月 1/1

力の限り

『仕方ない』『どうしようもない』は、あまり好きな言葉ではない。出来れば使いたくないと、私は思っています。しかし、生きていく道のりで『仕方ない』『どうしようもない』ことに遭遇する時があります。その時、改めて自分の力の足りなさを感じ、限界を思い知らされます。それでも、歩み続けなければならない。辛くても、悲しくても、進んでいかなければならない。それが生きるということなのだと思います。光は必ず差し込んでく...

  •  -
  •  -