Welcome to my blog

富裕層ビジネスコンサルティング・エグゼクティブ会員制サロンを運営するビーナスインターナショナルのブログです。

富裕層ビジネスにおけるアジアマーケットの可能性

-
寒さ厳しい日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


風邪やインフルエンザが猛威を振るっていますので、くれぐれもご自愛ください。






さて、少々前になりますが、

2017年6月にボストン コンサルティング グループ様が以下のレポートを発表されました。



============================================



ニューヨーク発、2017 年 6 月 13 日


経営コンサルティングファームのボストン コンサルティング グループ(以下、BCG)は、

2017 年版グローバルウェルス・レポート「Global Wealth 2017: Transforming The ClientExperience」を発表しました。

日本の家計金融資産には、世界の他の地域と比較して以下のような特徴があることがわかりました。




 日本の富裕層が保有する家計金融資産の割合は、調査地域中最低の 23%。家計金融資産の富裕層への集中度は低い


 2015 年から 2016 年にかけての家計金融資産の増加率は、調査地域中日本が最も低く、1.7%増


 今後、2021 年までの家計金融資産の増加額のうち、日本では既存資産の価値増大の占める割合が79%と、調査地域中最も高いと予測される




日本の富裕層は 120 万世帯、日本の富裕層が保有する家計金融資産の割合は 23%。

家計金融資産の富裕層への集中度は日本が最低。


保有資産が100 万ドルを越える富裕層世帯の数は、

日本は前年比 1.7%増の 120 万世帯、世界は 1,790 万世帯となりました。





各地域の家計金融資産のうち、富裕層が保有する割合は日本で 23%、

世界全体では 45%となり、家計金融資産の富裕層への集中度合いは、

調査地域中日本が最も低いと推計されます。




世界的に、家計金融資産の富裕層への集中はさらに進み、2021 年までに、

世界の家計金融資産の半分以上を富裕層が保有することになると予測されます。



============================================




日本の富裕層は120万世帯、全世界では1,790万世帯になり、

家計金融資産の前年からの増加率は日本を除くアジア・太平洋地域が最も高く、9.5%となったそうです。


しかしこの地域の増加率が二桁を割ったのは過去 5 年間では初めてで、

中国経済の減速が主な要因と考えられるとのこと。



今後もこの地域の家計金融資産の増加傾向は続くと考えられ、

日本を除くアジア・太平洋地域の家計金融資産は、2017 年末までには西欧を抜き、

北米に次ぐ世界 2 位になると予測されています。



2019 年末までには、アジア・太平洋地域と日本の家計金融資産の合計は

北米を抜き、世界最大になると予測されています。




日本における富裕層の増加は、以前も書かせて頂いた通り、

株価の上昇、団塊世代の退職、相続対策(生前贈与などにより)相続者が増加した等の理由が挙げられます。



2019年には、世界最大になると予想されている日本を含むアジア・太平洋地域のマーケット。

ここに、大きなビジネスチャンスを感じます。



日本から海外へ進出される方も、是非お気軽にご相談下さい。




ビーナスインターナショナル株式会社


ビーナスインターナショナル株式会社
あかね社長の夢への道-アメリカで起業・日本から世界を目指す-